歯科ブログ

2022.6.7 若くても歯周病になる子はいます

土浦市で歯科治療を行っているどうぶつ病院です。
今回は5歳の猫ちゃんでした。元々神経質で口の中を見せてくれないのですが口臭が顕著となり歯科治療を行うこととなりました。
基本的には若い年齢の方が歯周病の割合は低いのですが、おそらく元々歯周病のリスクの高い猫ちゃんは存在します。猫エイズ、猫白血病ウイルスなどに罹患している場合などは歯周病が顕在化しやすいです。

食欲がなくなると生活の質が低下します。悪化する前に動物病院を受診してください。

関連記事