犬猫の避妊手術・去勢手術|茨城県土浦市のどうぶつ病院シン・ベット

避妊手術・去勢手術

犬猫の避妊手術・去勢手術

茨城県土浦市のどうぶつ病院シン・ベットでは、全ての犬種、猫種てにおいて6ヶ月齢以降の避妊・去勢手術をお勧めしております。

手術を行う事で様々な病気の予防が出来ます。
長生きし易くなります。

下記の手術のメリット・デメリットをご覧頂きどうぶつたちにとって最良の決断をしていただきたいと思います。
手術に関してのご相談、お受けしています。

避妊手術実施のメリット(乳腺腫瘍の予防効果を中心に)

雌の犬、猫において、早期に避妊手術を行う事で乳腺腫瘍の発生率を抑える事ができると報告されています。
発生した腫瘍のうち犬では約50%、猫では約90%が悪性腫瘍といわれておりが発生する前に予防する事が極めて重要です。

予防の観点から、少なくとも1歳までには手術を行うようにすべきであると考えております。
猫においても上記と同じような報告があり避妊手術の重要性は変わりません。

また子宮卵巣疾患(子宮蓄膿症、子宮内膜炎、卵巣子宮腫瘍など)や発情ストレス、望まない妊娠出産なども同時に抑える事ができ、メリットは非常に大きいといえます。

去勢手術実施のメリット

去勢手術においてもメリットはたくさんあります。
オスの性ホルモンに由来する病気は、一度重度な症状が出た場合、対応が難しくなる印象があります。

特に前立腺疾患や会陰ヘルニアに関連する疾患が発症した場合には、予後が悪いか専門医の手を借りなければ手が打てないような状況になる事もあります。

当院では若齢での手術をお勧めしています。
病院住所:茨城県土浦市並木2-17-8

「土浦北IC」や「国道6号」に近い為、かすみがうら市・つくば市からのアクセスも良好です。
お問い合わせ